初めての窓リフォーム

窓をリフォームするとどんないいことがあるの?

窓は住宅に関してそこまで重要視されるものではありませんでした。
しかし、断熱性や安全面などの住宅問題は、窓の見直しによって解決することが可能です。家庭にある冷暖房から排出される「CO2」の削減など、環境問題の解決策としても注目を集めています。

結露が発生する仕組み

窓ガラスの結露は、冷気で冷たくなった窓ガラスによって、お部屋の水蒸気が冷やされて生まれます。寒さを伝わりにくくするためには、空気の層を作ることで防ぐことができます。

  • 1.複層ガラスに交換
  • 「ペアガラス(複層ガラス)」はガラスとガラスの間に 空気の層を作ることにより、通常のガラスの2倍以上の 断熱性を持つガラスです。中にはより断熱性を高めるため 特殊な金属膜を張った「LOW-Eペアガラス」や2枚のガラスの 間を真空状態にした「真空ガラス」などもございます。
  • 2.内窓をつける
  • 今ある窓の内側に「内窓」を取付け、窓自体を2重構造にする方法です。 大抵の内窓は窓枠がより断熱性の高い(結露しにくい)樹脂でできています。

熱貫通率を低くして、冷気を伝わりにくくします

「熱貫通率」とは、熱の伝えやすさを表した数値です。
数値が小さいほど、熱を通しにくく、断熱性があります。窓の内側と外側の温度差が1℃あったとき、1時間に窓の面積1m2を通過する熱量をワットで表しています。

  • 1.内窓をつける
  • 既存の窓の内側にもう一つ「内窓」を取り付けることで、既存の窓と内窓の間に空気の層が生じ、熱を伝わりにくくします。内窓の隙間部分に設置された気密材によって、すき間風の侵入や熱の出入りを防ぐことができます。多くの内窓の窓枠は、高い断熱効果がある樹脂でできています。
  • 2.高断熱ガラスに交換する
  • 断熱効果の高いガラスは複層構造になっています。
    2枚のガラスの間にある空気層が、熱の伝わりをおさえます。
    「エコガラス」と呼ばれるガラスは以下になります。
    Low-E複層ガラス…特殊金属膜や暖房熱を室外に反射させます。断熱性能は普通の1枚のガラスの約3~4倍です。
    真空ガラス…「Low-E複層ガラス」よりも断熱性に優れたLow-E膜を使ったガラス。2枚のガラスの間がマイクロスペーサで圧着された真空層になっており、さらなる断熱効果を発揮します。

まぶしい日差しをさえぎって、室内の温度を下げます

カーテンやブラインドなど室内で遮るよりも、すだれなどを活用して窓の外側で遮るほうが、日差しを遮ることができます。

  • 1.すだれ・よしずをつける
  • 昔から暑さ対策として使われてきた道具「すだれ」や「よしず」。あわせて断熱タイプの窓ガラスにすると、冷房の効果てきめん!
  • 2.遮熱タイプのガラスに交換
  • 日差しを遮り、冷房の効率を上げてくれる遮熱ガラスもございます。
    ただし遮熱ガラスは冬の温かい日差しも遮るため、南側の掃出し窓などには オススメできない場合もあります。
  • 3.風通しの良い部屋をつくる
  • 風の「入口」「通り道」「出口」を作ることで、より風通しの良い快適なお部屋をつくることができます。

空き巣被害の6割は「ガラス破り」によるもの

ガラス破り・窓の閉め忘れが泥棒の侵入手段の大半を占めます。
割れにくい「防犯ガラス」や空かけを防ぐ鍵などを活用すれば防犯対策に!

  • 侵入する場所
  • 侵入場所の6割が窓という結果が出ています。セキュリティ対策が強い玄関口などとは違い、窓は破壊しやすい箇所のため、狙われやすい場所です。
  • 侵入手段
  • ガラス割りは侵入手段の4割を占めています。金づちやバットなど、金属類で破壊することができるため、侵入手段としてはもってこいです。

  • 1.防犯ガラスに交換
  • 2枚のガラスの間に、破られにくい中間膜や、ポリカーポネート板を挟み込んでおり、「こじ破り」や「打ち破り」に抵抗力を発揮します。
    また、防犯ガラスは紫外線カット効果もあり、カット率は99%以上!色あせや変色の対策にもお使いいただけます。
  • 2.内窓をつけて窓を二重化
  • 窓を二重化し、内側にも鍵をかけておくことで泥棒の侵入に時間がかかります。内窓を防犯ガラスにするとより効果的です。
  • 3.シャッターや雨戸を設置
  • シャッターや雨戸は、台風などの災害対策だけでなく、防犯効果もあります。シャッターなど後付け用の製品もございます。

気密性を高めることが重要です

音の大きさを表す単位「dB(デシベル)」。生活に望ましい大きさは、日常会話(60dB)よりも下だといわれています。

  • 1.効果を確保しやすい内窓
  • 内窓は、内側の窓枠に合わせて作製されるため、既存の窓に隙間ができていても安心。多くの内窓は樹脂でできており、アルミ製の窓よりも気密性能に優れています。
  • 2.防音性の高いガラスに交換する
  • 「防音合わせガラス」は2枚のガラスの間に特殊な中間膜を挟み込んだガラスです。膜が騒音による振動を熱に置き換え、音の波を消滅させます。あまり知られていませんが、「真空ガラス」にも防音効果があります。
    一般的な複層ガラスは、2枚のガラスの間が空気層にんなっているので、低い音域の場合は空気をバネにしてガラスが共鳴してしまい、防音性能が下がってしまいます。